家電量販セコノミー、第1四半期は49%減益

小売りで独最大手のメトロ・グループから分離した家電量販大手セコノミー(Ceconomy)は9日、第1四半期(2017年10~12月)のEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)が2億5,800万ユーロとなり、前年同期比49%減少したと発表した。例年好調なクリスマス前後の売り上げが…

関連国・地域: ドイツルクセンブルク
関連業種: 電機金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

INRIXとヒア、モビリティー技術で提携(12/11)

スカニア、水素燃料電池のごみ収集車開発へ(12/11)

貿易収支、10月は黒字縮小(12/11)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

昨年のテロ件数、トルコが欧州で最も減少(12/11)

BMW、自動運転開発部門の新トップを指名(12/11)

オランダ、航空券に一律7ユーロの課税検討(12/11)

JACリクルートメント、ドイツに新拠点(12/11)

FCG、印OLXと中古車販売で提携(12/11)

ドイツ鉄道、従業員のストでダイヤ大幅乱れ(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン