家電量販セコノミー、第1四半期は49%減益

小売りで独最大手のメトロ・グループから分離した家電量販大手セコノミー(Ceconomy)は9日、第1四半期(2017年10~12月)のEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)が2億5,800万ユーロとなり、前年同期比49%減少したと発表した。例年好調なクリスマス前後の売り上げが…

関連国・地域: ドイツルクセンブルク
関連業種: 電機金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

BMW、ブレグジット後に英工場の生産休止(09/20)

テスコ、格安形態の店舗開業 国産食品主力で独同業に対抗(09/20)

日立、伊子会社生産の新型通勤車両を披露(09/20)

シュコダ、EVと自動運転に20億ユーロ投資(09/20)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

ダイムラー、電気バスの米プロテラに投資(09/20)

政府、連邦憲法擁護庁の長官を更迭(09/20)

VWの商用車部門、中国重型汽車と新合弁(09/20)

自動車照明ヘラー、リトアニアで新工場開設(09/20)

物流DHL、インドネに新たなサービス拠点(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン