家電量販セコノミー、第1四半期は49%減益

小売りで独最大手のメトロ・グループから分離した家電量販大手セコノミー(Ceconomy)は9日、第1四半期(2017年10~12月)のEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)が2億5,800万ユーロとなり、前年同期比49%減少したと発表した。例年好調なクリスマス前後の売り上げが…

関連国・地域: ドイツルクセンブルク
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機金融・保険商業・サービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

成長率見通しを下方修正 Ifo、世界経済リスクなど受け(06/20)

サウジの国営航空、ウィーン便を就航(06/20)

仏アグリコル、競合のポーランド事業に関心(06/20)

【欧州企業よもやま話】第254回・リリウム クリーンな未来への「空の旅」提供(06/20)

エーオンUK、電力代を4.9%引き上げ(06/20)

ダイムラー、開発施設に5千万ユーロ投資(06/20)

インフィニオン、ブダペスト近郊に新施設(06/20)

バッテリーのアカソル、IPOの仮条件設定(06/20)

ユーロ圏建設業生産、4月は1.8%増加(06/20)

BMW、上海のR&Dセンターが開業(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン