ベルリン、民泊規制で8千戸が市場に復帰

民泊や不動産投機を背景にベルリンで家賃相場が高騰する中、2016年に施行された住宅を居住目的以外で利用することを規制する法律が一定の効果を示している。当局の発表によると、同市では2017年、この規制の影響で住宅8,000戸近くが長期貸し出し向けの住宅市場に舞い戻った。ベルリ…

関連国・地域: ドイツフランススペインオランダ
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産観光・娯楽政治


その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン