ベルリン、民泊規制で8千戸が市場に復帰

民泊や不動産投機を背景にベルリンで家賃相場が高騰する中、2016年に施行された住宅を居住目的以外で利用することを規制する法律が一定の効果を示している。当局の発表によると、同市では2017年、この規制の影響で住宅8,000戸近くが長期貸し出し向けの住宅市場に舞い戻った。ベルリ…

関連国・地域: ドイツフランススペインオランダ
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

スイスとオーストリアで雪崩、1人死亡(01/17)

物流DSV、スイスのパナルピナに買収提案(01/17)

ドイツ銀、ダンスケ銀巡り2度目の内部調査(01/17)

独ビュルクレ、ハンガリー東部で工場着工(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

ボルボ、ワイヤレス充電のモメンタムに出資(01/17)

独情報機関、極右政党AfDの監視強化へ(01/17)

欧州委、税制巡る加盟国の拒否権廃止を提案(01/17)

オットー・フックス、ブダペストで用地取得(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン