• 印刷する

労組IGメタル、30日から24時間スト

ドイツの金属産業労組IGメタルは、30日夜から24時間ストライキを実施すると発表した。南西部バーデン・ビュルテンベルク州の経営者団体である南西メタル(Sudwestmetall)との交渉決裂などを受けた決定で、全国250社の従業員が参加する見通し。

IGメタルは現在、各地で労使交渉を行っており、全国の労働者390万人を対象とした6%の賃上げに加え、子育てや介護と仕事の両立をしやすくするため、労働時間を週35時間から28時間に短縮した上で、2年後にフルタイムに復帰できる権利を認めるよう求めている。

26日夜から16時間にわたり行われた南西メタルとの5回目の労使交渉では、労働時間の短縮によって減る分の賃金補償を経営側が拒否。南西メタルは必要に応じて労働時間を増やすことが許されない限り、これに応じない方針を示した。

IGメタルは24時間スト中には追加の交渉に応じないとする一方で、経営側が合意形成に意欲的な意思を示した場合は交渉を再開する構え。そうでない場合はさらに大規模なスト実施に向けて準備を進める計画だ。この労使交渉を巡っては、年初から既に全国で100万人近くがストに参加している。

IGメタルは支部ごとに経営側と交渉を行うが、自動車ダイムラーや自動車部品ロバート・ボッシュが本拠を置くバーデン・ビュルテンベルク州の交渉結果は通例、全国レベルでの合意形成に向けたたたき台として注目されている。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独、通信機器企業のガバナンス監督強化へ(10/01)

ティッセン、事業再編で800人削減へ(10/01)

DHL、EU離脱で英国宛速達に追加料金へ(10/01)

ゾネン、バイエルン州工場の生産能力拡大へ(10/01)

BASF、廃タイヤ由来油の増産支援(10/01)

失業率、9月は6.3%に低下(10/01)

ドイツ小売売上高、8月は3.1%増加(10/01)

自動車部品ブローゼなど、カルテルで罰金(10/01)

排ガス不正、アウディ前CEOの公判開始(10/01)

バイエル、塩害受けるベトナム農家を支援(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン