エボニックとシーメンス、人工光合成で提携

独化学大手エボニック・インダストリーズと総合電機大手シーメンスは18日、再生可能エネルギー由来の電力とバクテリアを用い、人工光合成により二酸化炭素(CO2)を特殊化学品に転換する計画を明らかにした。燃料やプラスチック、栄養剤などの原料として活用する。 この日立ち…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電機医療・医薬品化学建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アゼルバイジャン国営石油、トルコに製油所(10/23)

連銀「独経済は大幅回復へ」 自動車産業の停滞は一時的(10/23)

メルケル首相、ディーゼル車禁止の回避へ(10/23)

ダイムラー、通期見通しを再び下方修正(10/23)

独陸運局、オペルに7万台の回収命令(10/23)

アウディ、初の電化型SUVの納入が遅延(10/23)

シスメックス、ハンブルクに現地法人を開設(10/23)

シーメンス、イラクで電力インフラ再建へ(10/23)

EU離脱で英国人の独パスポート申請が急増(10/23)

マルタ、イタリアが拒んだ移民受け入れ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン