エボニックとシーメンス、人工光合成で提携

独化学大手エボニック・インダストリーズと総合電機大手シーメンスは18日、再生可能エネルギー由来の電力とバクテリアを用い、人工光合成により二酸化炭素(CO2)を特殊化学品に転換する計画を明らかにした。燃料やプラスチック、栄養剤などの原料として活用する。 この日立ち…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電機医療・薬品化学・石化天然資源建設・不動産社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン