スミス、成田空港から爆発物探知機を受注

医療機器などを手掛けるスミス・グループのセキュリティー機器部門スミス・ディテクションは4日、成田国際空港から機内持ち込み手荷物検査に使用される爆発物探知システム(EDS)「ハイスピードCTX9800DSi」20台を受注したと発表した。 導入は2019年から2022年にかけて…

関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 医療・医薬品化学その他製造運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

コカ・コーラHBC、製菓バンビを買収(02/19)

労働党、議員7人が離党 党首のブレグジット方針など批判(02/19)

ルノー・日産・三菱、EV充電技術社に出資(02/19)

SB、UAE社の欧州投資ファンドに出資へ(02/19)

商船三井、蘭デンハートフの株式20%取得(02/19)

五つ星運動など5党、欧州議会選で新会派(02/19)

情報当局「中国・華為のリスクは管理可能」(02/19)

独当局、ワイヤーカード株の空売り禁止(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

バークレイズ、米タイガーが全株売却か(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン