• 印刷する

英国の1時間当たり生産性、G7でワースト3位

英国の生産性が主要7カ国(G7)の平均を依然として下回っていることが、政府統計局(ONS)が発表した生産性国際比較で明らかになった。経済危機前の水準と比較した場合も、他国に比べて回復ペースの遅さが目立っている。

2015年の英国の生産性を他のG7諸国の平均と比較すると、就業1時間当たり国内総生産(GDP)は15.9%、就業者1人当たりのGDPは16.6%それぞれ下回った。1時間当たりの生産性が最も高いのはドイツで、2位はフランス。1人当たりの生産性は米国がトップで、イタリア、フランスが続いた。英国はそれぞれワースト3位と2位で、いずれの場合も最下位は日本だった。

経済危機が始まった2007年を基準に比較すると、英国の1時間当たりの生産性は0.6%上昇。1人当たりの生産性も同じく0.4%上向いた。米国は2007年以降、共に改善傾向が続いているのに対し、イタリアは同年の水準を共に下回り続けている。

2007年までの10年間の平均値とそれ以降を比べた場合、英国の1時間当たりの生産性は2015年時点で15.2%低い水準で、他のG7諸国の平均7.5%を大きく下回り、主要7カ国で最低となっている。英国は2000年代初頭まで他国との生産性のギャップを縮めつつあったが、経済危機後は差が広がっている。

専門家は、「英国の生産性は他の先進国から後れを取り続けており、企業が訓練に適切な投資をしない限りこれは改善しない」と指摘し、見習制度の活用を推奨している。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツフランスイタリアアジア米国カナダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、資産の大半移管も ロンドンからフランクフルトへ(09/18)

スエズ、英の廃棄物発電に1億ポンド超投資(09/18)

スロバキアのインフレ率、2.8%に加速(09/18)

ユニリーバ、本社一本化巡り主要株主が反対(09/18)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

首相の離脱方針に歩み寄りも EU交渉官、通関手続き巡り(09/18)

IMF「合意なし離脱は英経済に大打撃」(09/18)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.1%で横ばい(09/18)

政府、鉄道フランチャイズ制度を見直しへ(09/18)

ユーロスターの英従業員、2日間ストへ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン