英国、国民投票後に中東欧の労働者が増加

英国で働く中東欧出身の労働者が、欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票後に増加している。反対に西欧出身者は減少しており、対照的な結果となった。政府統計局(ONS)が16日発表したデータから明らかになった。

それによると、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、ポーランド、スロバキア、スロベニアの8カ国出身の労働者の数は、第3四半期(7~9月)に105万3,000人となり、国民投票前の前期と比べて4万6,000人増加した。

一方、西欧14カ国の出身者は93万7,000人と、7,000人減少。2007年にEUに加盟したルーマニアとブルガリアは合わせて25万8,000人で、8,000人減っている。EU27カ国で見ると、2万6,000人増えて226万1,000人だった。

英国がEU離脱を決めたことにより、将来的にとりわけ非熟練層の労働者の受け入れが厳しくなるとみられることから、中東欧からの労働者流入が増加すると予想されている。ただ、ONSは今回、ブレグジット決定は今のところ英国の労働市場にほとんど影響を及ぼしていないとの見解を示している。[労務]


関連国・地域: 英国EUポーランドチェコスロバキアハンガリースロベニアルーマニアブルガリアエストニアラトビアリトアニア
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、新興企業に5千万ドル(05/23)

ソニー、EMIを子会社化 ムバダラの保有株60%を取得(05/23)

航空IAG、NASに3度目の買収提案(05/23)

飲料アンバー、豪の大手卸売業者を買収(05/23)

バークレイズ、カタール融資問題で公訴棄却(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

財政収支、4月は赤字縮小(05/23)

CBI製造業受注、5月は減速(05/23)

トヨタ、HV禁止なら英工場への投資停止も(05/23)

M&S、2022年までに国内100店舗超を閉鎖(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン