• 印刷する

英国、国民投票後に中東欧の労働者が増加

英国で働く中東欧出身の労働者が、欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票後に増加している。反対に西欧出身者は減少しており、対照的な結果となった。政府統計局(ONS)が16日発表したデータから明らかになった。

それによると、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、ポーランド、スロバキア、スロベニアの8カ国出身の労働者の数は、第3四半期(7~9月)に105万3,000人となり、国民投票前の前期と比べて4万6,000人増加した。

一方、西欧14カ国の出身者は93万7,000人と、7,000人減少。2007年にEUに加盟したルーマニアとブルガリアは合わせて25万8,000人で、8,000人減っている。EU27カ国で見ると、2万6,000人増えて226万1,000人だった。

英国がEU離脱を決めたことにより、将来的にとりわけ非熟練層の労働者の受け入れが厳しくなるとみられることから、中東欧からの労働者流入が増加すると予想されている。ただ、ONSは今回、ブレグジット決定は今のところ英国の労働市場にほとんど影響を及ぼしていないとの見解を示している。[労務]


関連国・地域: 英国EUポーランドチェコスロバキアハンガリースロベニアルーマニアブルガリアエストニアラトビアリトアニア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン