• 印刷する

英国、国民投票後に中東欧の労働者が増加

英国で働く中東欧出身の労働者が、欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票後に増加している。反対に西欧出身者は減少しており、対照的な結果となった。政府統計局(ONS)が16日発表したデータから明らかになった。

それによると、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、ポーランド、スロバキア、スロベニアの8カ国出身の労働者の数は、第3四半期(7~9月)に105万3,000人となり、国民投票前の前期と比べて4万6,000人増加した。

一方、西欧14カ国の出身者は93万7,000人と、7,000人減少。2007年にEUに加盟したルーマニアとブルガリアは合わせて25万8,000人で、8,000人減っている。EU27カ国で見ると、2万6,000人増えて226万1,000人だった。

英国がEU離脱を決めたことにより、将来的にとりわけ非熟練層の労働者の受け入れが厳しくなるとみられることから、中東欧からの労働者流入が増加すると予想されている。ただ、ONSは今回、ブレグジット決定は今のところ英国の労働市場にほとんど影響を及ぼしていないとの見解を示している。[労務]


関連国・地域: 英国EUポーランドチェコスロバキアハンガリースロベニアルーマニアブルガリアエストニアラトビアリトアニア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

英・EU首脳が見直し協議 離脱協定で「建設的な話し合い」(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

金融バークレイズ、通期は1%減益(02/22)

財政収支、1月は過去最高の黒字(02/22)

アグテックのインセクト、1.2億ドル超調達(02/22)

ガス・電力セントリカ、通期は12%増益(02/22)

JDスポーツ、フットアサイラムに追加出資(02/22)

シェル、オマーンとガス開発で暫定合意(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン