クリーンエネルギーが拡大 電力供給量の半分超に

英国内の電力供給量のうち二酸化炭素(CO2)排出量の少ないクリーンエネルギー由来の電力が占める割合が、第3四半期(7~9月)は50%以上に達した。5年前の25%強から大幅に拡大し、四半期ベースで初めて半分を超えた。ただ、その大半は再生可能エネルギーではなく原子力となっている。英発電大手ドラックス・グループが14日発表した最新調査で明らかになった。

ドラックスはロンドン大学インペリアル・カレッジに委託して電力の供給量や価格、CO2排出量の追跡調査を行っている。それによると、クリーンエネルギーの中で最も供給量が多かったのは原子力で、全体の26%を占めた。これに風力(10%)と太陽光(5%)が続く。バイオマスは4%、水力は1%だった。クリーンエネルギーにはこのほか、フランスの原発からの輸入電力も含まれる。

一方、石炭火力が全体に占める割合は3%と、4年前の38%から大幅に縮小している。英国では今年5月5日、1881年以降で初めて石炭火力による発電量がゼロを記録。当期は、こうした日が計6日間に上った。

政府は昨年11月、CO2回収・貯留(CCS)施設を持たないすべての石炭火力発電所を2025年までに閉鎖する方針を明らかにした。国内には現在、こうした石炭火力発電所が8カ所ある。政府はこれに代わり、CO2排出量の少ないガス火力および原子力発電所の新設を奨励している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国フランス
関連業種: 経済一般・統計天然資源電力・ガス・水道社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロネクスト、第1四半期は8.5%減益(05/22)

証券取引所運営のユーロネクストは19日、第1四半期(1~3月)の純利益が4,390万ユーロとなり、前年同期比…

続きを読む

英国初の遠隔管制システム導入 シティー空港、拡張計画の一環(05/22)

ロンドン・シティー空港に、英国初となる遠隔式の航空管制システムが導入される。およそ3億5,000万ポンドを…

続きを読む

保守党がマニフェストを公表 外資によるM&Aの規制強化へ(05/22)

メイ首相は18日、6月8日の総選挙に向けた与党・保守党の党マニフェストを発表した。「主流派国民のための…

続きを読む

英国のEU離脱交渉開始は6月中旬以降に(05/22)

英国の欧州連合(EU)離脱に向け、欧州委員会の首席交渉官を務めるミシェル・バルニエ氏は、対英交渉の開…

続きを読む

チューリッヒ保険、請求審査にAIを活用(05/22)

スイスの保険大手チューリッヒ・インシュアランス・グループは、傷害保険の請求審査で人工知能(AI)の活…

続きを読む

CBI製造業受注、4月はさらに改善(05/22)

英産業連盟(CBI)が19日発表した4月の製造業の業況調査によると、受注残高が「通常の水準を上回ってい…

続きを読む

アストンマーティン、来年にもロンドン上場(05/22)

英高級車メーカーのアストンマーティンは、早ければ来年にもロンドン証券取引所(LSE)で新規株式公開(…

続きを読む

スーパーのアズダ、第1四半期は2.8%減収(05/22)

英スーパー3位のアズダは18日、第1四半期(1~3月)の売上高が既存店ベースで1年前から2.8%減少したと…

続きを読む

HSBC、ベトナムで米保険AIAと業務提携(05/22)

英金融大手HSBCホールディングスのベトナム法人は、米保険AIAのベトナム法人と業務提携する。ダウト…

続きを読む

外国人訪英客数、4%増加=ポンド安で過去最高(05/22)

政府統計局(ONS)は18日、2016年に英国を訪れた外国人の数が3,760万人となり、前年比4%増加したと発表…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン