• 印刷する

英生活賃金財団、「生活賃金」を2.4%引き上げ

英市民団体の生活賃金財団は10月31日、生計維持に必要な最低額として独自に算出している「生活賃金」を時給8.45ポンドへと2.4%引き上げた。英政府が4月初め、25歳以上の全労働者を対象に導入した「全国生活賃金」の7.2ポンドを17%上回る水準だ。

ロンドンのサディク・カーン市長はこの日、同市の生活賃金を9.75ポンドへ3.7%引き上げると発表。市内に本拠を構える企業のうち、生活賃金の支給を約束する会社は過去1年間で309社増え、1,033社に達している。ロンドンの生活賃金は過去5年で17.5%増加し、6万人以上が恩恵を受けているという。

またスコットランド自治政府のスタージョン首相とウェールズ自治政府のジョーンズ首相もこの日、生活賃金財団の新たな生活賃金を採用すると表明している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

英国、全店舗の営業再開へ 6月15日から社会的距離を条件に(05/27)

ドイツ、接触制限を6月29日まで延長も(05/27)

アストンマーティン、パーマーCEOが辞任(05/27)

英マクラーレン、1200人整理=F1中止響く(05/27)

ステージコーチ、運輸省が追加支援(05/27)

首相側近が「例外」行動釈明 外出制限中に400キロ移動(05/26)

英国、6月8日から入国者の自主隔離を導入(05/26)

英政府、戦略的企業を公的資金で救済も(05/26)

小売売上高、4月は過去最大の下落幅を更新(05/26)

アストンマーティン、パーマーCEO更迭へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン