シェル、カシャガン構造に監視ロボット導入

英蘭資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルは、カスピ海北部の大型油田「カシャガン構造」などで機器の監視や安全チェックを行うロボット「センサボット(Sensabot)」を開発した。搭載されたセンサーやカメ…

関連国・地域: カザフスタン
関連業種: IT・通信製造一般天然資源金融・保険

この記事は該当の有料サービスにご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、画面右側にある「各種ログイン」からログインを、
契約されていない方は2週間無料トライアルをご利用ください。


その他記事

すべての文頭を開く

物価の高い都市、欧州首位はまたもチューリヒ(03/23)

欧州で最も物価が高い都市はスイスのチューリヒ――。世界全体では昨年から順位を1つ落とし、3位に付け…

続きを読む

越国鉄、カザフ経由で製品を欧州に鉄道輸送(03/10)

カザフスタン経由でベトナム製品を欧州に鉄道輸送する計画が、年内に着手される見通しになった。トイバオキ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン