メルケル首相地元の州議会選、反移民政党が躍進

ドイツ北東部メクレンブルク・フォアポンメルン州で4日実施された州議会選挙で、ユーロ圏解体と反難民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進し、社会民主党(SPD)に次ぐ第2党となった。メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)は過去最低の得票率に沈んだ。同州はメルケル首相の地元で、今回の敗北は来年9月に総選挙を控えた政権には大きな痛手となる。

各党の得票率は、SPDが30%と第1党を維持し、AfDは21%、CDUは19%で第3党に転落した。CDUは同州で2006年からSPDと連立を組んで与党を形成しており、これは維持される見通し。同州の議会選挙は、2週間後のベルリン市(州と同格)の議会選挙とともに来年の総選挙の試金石と見られていた。

CDUのタウバー幹事長は選挙結果について、「かなりの数の有権者が不満と抗議の声を示そうとした。これは難民をめぐる議論の中で分かっていたこと」と認めた。同州で受け入れた難民は少ないものの、治安などの面から政府の難民政策に対する不満が高まり、これが大きな争点となっていた。AfDは結党からわずか3年だが、今回の勝利により16州の議会のうち9州で議席を確保したことになる。今回の成果については「メルケル時代終焉の始まりかもしれない」と満足感を示している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロボットのクーカ、通期は7.5%増益(02/16)

プライメタルズ、ARBZから部品管理受注(02/16)

欧州新車登録、7.1%増加 フランス勢が好調=1月(02/16)

エアバス、通期は大幅増益 軍用輸送機巡る特別損失計上も(02/16)

独レオニ、セルビアに第4工場開設へ(02/16)

MANなど、物流業界で隊列走行車両を実証(02/16)

家賃規正法、一部の地域のみで効果発揮(02/16)

EDF子会社、中国で太陽光発電の合弁設立(02/16)

インフィニオン、タイでEV研修施設を開所(02/16)

ドイツ、現金決済の割合が初の50%未満に(02/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン