独与党CSU・CDU、ブルカの着用禁止で合意

ドイツのデメジエール内相は19日、イスラム教徒女性が着用するブルカなど顔全体を覆うベールを一部禁止する方針を示した。この前日にメルケル首相率いるキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)に所属する各州内相と採択した難民・テロ問題をめぐる共同宣言の一環。AFP通信などが伝えた。

デメジエール内相らは18日の会合で、運転中や公共機関での登記時、国境での出入国の際、学校や大学、裁判所などでのブルカの着用を禁じる方向で合意した。同相は、「顔をあらわにすることはわれわれのコミュニケーションと共存、社会統合に必要な要素だ」と説明。法制化には政府の承認が必要となるが、これに向けて法案の策定を進めるとしている。

この問題をめぐっては、メルケル首相も先に「顔をベールで覆っている女性は統合の機会がほとんどない」と述べていた。

一方、CDU・CSUと連立を組む社会民主党(SPD)はこの方針に反対を表明。差別であり、難民統合を遅らせるものと懸念を示している。また、ユーロ圏解体と反難民を訴える「ドイツのための選択肢(AfD)」がかねて、ムスリム女性のベール着用禁止などを支持していることから、同党の勢力拡大を助長する恐れもあるとしている。

ドイツは昨年、中東・アフリカから100万人を超える難民を受け入れたが、そのほとんどがイスラム教徒。住居や雇用の問題、文化の違いに加え、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」によるテロが相次いだことで、政府は難民政策とテロ対策の両方に追われている。先には難民・亡命申請者に対する規制を強化する方針を示したほか、今回の共同宣言では警察官の増員や監視カメラの設置、二重国籍取得の禁止といった一連の施策をまとめた。

ドイツには現在、人口の約5%に当たる400万人弱のイスラム教徒がいるとされる。


関連国・地域: ドイツアフリカ中東
関連業種: 建設・不動産社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン