ドイツ人の病欠、20年ぶりの高水準

ドイツ人の病欠日数が、過去20年で最高水準に達している。上半期(1~6月)の罹患(りかん)率は全国平均で4.4%と、1年前から0.3ポイント上昇。背景には仕事量の増加や労働環境の変化があるという。独3位の健康保険組合DAKゲスントハイト(Gesundheit)の最新調査で、このような結果が明らかとなった。

それによると、DAKに加入する就労者の37%が年初からの6カ月で少なくとも1度は病欠したと回答。病欠日数は平均12.3日と、前年同期の11.7日を上回った。

罹患率を地域別に見ると、旧東独は5.5%、旧西独は4.2%。100人当たりの欠勤日数は旧東独が延べ1,000日、旧西独が758日に上った。

病欠の理由として最も多いのは腰痛など筋肉の痛みで、全体の21.7%に達した。次に多いのは呼吸疾患で、17.4%。精神疾患は15%と、1年前から0.9ポイント伸びている。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品金融・保険社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

ドイツ銀、7千人超を整理へ ゼービング新CEOが再建に着手(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

GfK消費者信頼感、6月はやや悪化(05/25)

新素材開発コベストロ、M&Aに意欲(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン