• 印刷する

ドイツ人の病欠、20年ぶりの高水準

ドイツ人の病欠日数が、過去20年で最高水準に達している。上半期(1~6月)の罹患(りかん)率は全国平均で4.4%と、1年前から0.3ポイント上昇。背景には仕事量の増加や労働環境の変化があるという。独3位の健康保険組合DAKゲスントハイト(Gesundheit)の最新調査で、このような結果が明らかとなった。

それによると、DAKに加入する就労者の37%が年初からの6カ月で少なくとも1度は病欠したと回答。病欠日数は平均12.3日と、前年同期の11.7日を上回った。

罹患率を地域別に見ると、旧東独は5.5%、旧西独は4.2%。100人当たりの欠勤日数は旧東独が延べ1,000日、旧西独が758日に上った。

病欠の理由として最も多いのは腰痛など筋肉の痛みで、全体の21.7%に達した。次に多いのは呼吸疾患で、17.4%。精神疾患は15%と、1年前から0.9ポイント伸びている。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、英からの入国者を隔離義務対象外に(04/19)

16年商用車カルテル、ダイムラーに賠償責任(04/19)

シーメンス子会社、米バリアン買収完了(04/19)

ANA、独社とドローン配送事業化で提携(04/19)

欧州委、スエズの一部資産売却を承認(04/19)

経済成長率見通しを引き下げ コロナ規制が影響=独5大研究所(04/16)

アルディ、ポーランドで年内に45店追加へ(04/16)

ワイヤーカード、独連邦検事局と密接な関係(04/16)

独憲法裁、ベルリンの家賃凍結法に無効判決(04/16)

インフレ率、3月は1.7%=改定値(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン