【年始特集】「パリ協定」でEUの環境政策はどう変わる

昨年末にパリで開かれた国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)にて「パリ協定」が合意された。世界196カ国・地域が温室効果ガス削減のための新たな枠組みに賛成した意義は歴史的に大きい。この地球規模の目標を掲げ、2016年はスタートした。各国の環境政策が、「パリ協…

関連国・地域: フランスEUアジア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

チェコ通信局、5G周波数帯の入札開始(08/11)

不法移民の阻止に海軍投入へ 英仏海峡経由の流入急増受け(08/11)

【エミッションの世界】バイオ燃料の排出の実態と課題(08/11)

EU、入国許可リストからモロッコを除外(08/11)

独仏、WHO改革協議から撤退=米と対立で(08/11)

欧州委、未婚パートナーの入国許可を要請(08/11)

エネルX、ソジェン子会社とEVレンタル(08/11)

ベトナム、EUとのFTAで知財権が課題か(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン