日立、英原発建設計画から撤退=投資環境が悪化

日立製作所は16日、昨年1月から凍結していた英ウェールズでの原子力発電所の建設計画について、撤退することを決めたと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大などで投資環境が悪化したこともあり、事業の再開は不可能と判断した。


その他記事

すべての文頭を開く

イングランド北東部で新規制 世帯間交流や飲食店の営業制限(09/18)

英、店舗の立ち退き禁止措置を年末まで延長(09/18)

新規感染者数、8月下旬から2.5倍超に増加(09/18)

英中銀、金利を0.1%で据え置き(09/18)

小売りジョン・ルイス、上半期は赤字転落(09/18)

ニチレイロジ、低温物流の英社を買収(09/18)

エニとBP、エジプト沖でガス鉱床発見(09/18)

政府のコロナ対応、独とオランダで高評価(09/18)

日立、英原発建設から撤退 新型コロナで投資環境が悪化(09/17)

労組ユナイト、雇用維持制度の延長を要求(09/17)

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン