ロシアはこう読め

Kao icon
ロシアNIS経済研究所の服部倫卓所長が、複雑怪奇なロシア情勢などの読み方を指南。報道やデータの行間から、北の大国で何が起きているのかを探っていきます。

筆者紹介

服部倫卓(はっとり・みちたか)
静岡県生まれ。東京外国語大学ロシヤ語学科卒。北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了(学術博士)。在ベラルーシ共和国日本大使館専門調査員などを経て、2020年4月から一般社団法人ロシアNIS貿易会・ロシアNIS経済研究所所長。『ロシアNIS調査月報』編集長。ブログ「ロシア・ウクライナ・ベラルーシ探訪」は毎日更新。趣味はサッカー観戦、音楽鑑賞・演奏など。
すべての文頭を開く

【ロシアはこう読め】ロシアの天然ガス輸出とウクライナの苦境(10/13)

■高騰する価格 ヨーロッパの天然ガス市場が大きく揺れ動いている。ガス需要が高まる中、大輸出国のロシア…

続きを読む

【ロシアはこう読め】気になる日露貿易の「地盤沈下」(09/08)

■ロシアの貿易は回復基調 ロシア連邦税関局が、2021年上半期(1~6月期)の通関統計を発表した。コロナ…

続きを読む

【ロシアはこう読め】ロシアのワクチン外交は不発(08/11)

■ロシアの接種率は世界平均を下回る ロシアは世界に先駆けて、2020年8月に自国開発の新型コロナウイルス…

続きを読む

【ロシアはこう読め】石油巡るロシア・ベラルーシ関係とその異変(07/14)

■石油はベラルーシ経済の生命線 2020年8月の大統領選挙以来、ベラルーシでは緊迫した情勢が続いている。…

続きを読む

【ロシアはこう読め】ロシアは資源高で潤うも輸出制限を連発(06/09)

■ロシアの主要輸出品が軒並み価格上昇 世界がコロナ危機に揺れる中で、国際的な商品価格は非常に目まぐる…

続きを読む

【ロシアはこう読め】協調減産で我慢続くロシア石油産業(05/12)

■効果を発揮した協調減産 国際石油価格は、2020年3月から4月にかけて大暴落した。その背景には、新型コ…

続きを読む

【ロシアはこう読め】コロナ禍のロシア労働移民事情(04/14)

■ロシアの労働移民現象 2000年代の半ばくらいからだっただろうか、モスクワをはじめとするロシアの大都市…

続きを読む

【ロシアはこう読め】迷走するロシアの輸出拡大目標(03/17)

■ロシアの貿易の垂直構造 ご存じの方も多いはずだが、ロシアの商品輸出入構造は、極端な垂直構造になって…

続きを読む

【ロシアはこう読め】ナワリヌイの反体制運動、露経済への影響は(02/17)

出所:ロシア連邦統計局、ロシア政府見通しなどを基に筆者作成
■意外に悪くなかった2020年のロシア経済 ロシア統計局がこのほど発表した速報値によると、2020年のロシア…

続きを読む

【ロシアはこう読め】バイデン米政権がロシアにもたらすリスク(01/20)

■奇妙な4年間に幕 米国では1月20日、民主党のジョー・バイデン氏が第46代大統領に就任した。「アメリカ…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン