欧州企業よもやま話

130619 eur icon
知られざる業界トップや、意外な成り立ちを持つ超有名企業など、欧州を代表する企業を1社ずつ紹介していきます。隔週水曜日掲載。
すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第309回:シュワン・スタビロ カラフルペンの革命児(07/08)

来年に発売50周年を迎えるロングセラー商品「スタビロ・ボス」(シュワン・スタビロ提供)
書類の重要箇所に蛍光マーカーでしるしを付ける――。何気ないこの作業で、最も目にする機会の多い蛍光マー…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第308回・サイクルフープ サイクリストの「あればいいな」を実現(06/24)

サイクルフープの駐輪設備(EMB撮影)
近年の環境志向や各国での新型コロナウイルスの感染防止策導入を背景に、自転車利用者が増えている。移動先…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第307回:バーバリー 裏地から火が付いたチェック柄(06/10)

1920年代に誕生した元祖チェック柄(バーバリー提供)
ベージュ地に赤、黒、白のラインをあしらったチェック柄。現在ではすっかり英高級ブランド大手バーバリーの…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第306回:インクルード スマートベンチで未来の街づくり(05/27)

新型コロナウイルス関連情報を表示するステオラのディスプレイ(インクルードの公式ツイッターより)
ベンチに座って休憩するついでに、携帯電話を充電しながらWi―Fi(ワイファイ)接続でインターネットも…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第305回:ナチュラル・マシーンズ 食べ物だって3D印刷(05/13)

レストランで活躍するフーディーニ(ナチュラル・マシーンズ提供)
3Dプリンターは工業的なイメージが強いが、それを食品に応用したのがスペインのナチュラル・マシーンズだ…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第304回:コルティセイラ・アモリン コルク大国のトップに君臨(04/29)

アモリンは現在、10種類超のコルク栓を展開している(同社提供)
ポートワインを育んだポルトガルは、世界一のコルク大国でもある。この地で産声をあげ、コルクで多大な成功…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第303回:インファーム 都市部で「地産地消」を実現(04/15)

スーパーの野菜売り場に併設されたインファームの栽培ユニット(同社提供)
欧州を中心に近年、都市部のスーパーや飲食店内で「農場」が増えている。ベルリン発の農業系スタートアップ…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第302回:ハミルトン・メディカル 新型コロナ治療の頼みの綱(04/01)

患者の航空輸送に使用されるハミルトン・メディカルの人工呼吸器(同社ツイッターから引用)
英国は極度の人工呼吸器不足に陥るだろう――。欧州全域で新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、ロイター…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第301回:フォイルズ 参考書たたき売りから世界最大書店に(03/18)

ロンドン中心部にあるチャリングクロス・ロード本店(Photo by Chris Sampson / Wikimedia Commons)
新型コロナウイルスが欧州でも猛威を振るう中、自宅で読書する時間が増える人も少なくないはず。そんなご時…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第300回:グループセブ 主婦に優しいキッチン革命(03/04)

2016年にはチタンコーティングに一新されたティファールのフライパン(グループセブ提供)
仏調理器具・家電大手のグループセブは、数々の「キッチン革命」を起こしてきた。最初に大きなインパクトを…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第299回:グレッグス ビーガン商品が爆発的ヒット(02/19)

グレッグスが大通り沿いで展開する店舗(EMB撮影)
健康志向や動物愛護の機運の高まりから、英国でビーガン(完全菜食主義者)の人口が急増している。歩調を合…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第298回:ゴーヘンリー お小遣いにもフィンテック(02/05)

ゴーヘンリーのアプリ(右が親用)とデビットカード(同社ウェブサイトより)
お小遣い帳も今は手書きからデジタルの時代になっている。ゴーヘンリー(GoHenry)は子供のお小遣いを親子で…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第297回:ラクタリス 美食の国の“大統領級”チーズ(01/22)

スーパーに並ぶ「プレジデント」ブランドのカマンベールチーズ(EMB撮影)
フランスといえば、「村の数だけチーズがある」と言われるほどチーズに並々ならぬこだわりを持つ国。そんな…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第296回:スカイスキャナー 航空券検索はまずここで(01/08)

使い勝手のいいユーザーインターフェースも人気の理由だ(EMB撮影)
数ある航空券の比較検索サイトの中で、ユーザーからの支持があつく、頭ひとつ抜けているのが英スカイスキャ…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第295回:トレインライン 陸路の旅の強い味方(2019/12/18)

チケットのぺーパーレス化を進めている(EMB撮影)
鉄道運行をフランチャイズ契約で行う英国では、ルートが複数にまたがる場合、1社のウェブサイトで予約を完…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第294回:ボン・マルシェ 百貨店の原点ここにあり(2019/12/04)

ボン・マルシェを象徴する本館のダブルエスカレーター(LVMH提供)
商品の返品・交換や定価販売、バーゲンセール――。こうした現在のデパートの「当たり前」を確立したのは、…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第293回:ユービーアイソフト 世界的ゲーム会社の意外なルーツ(2019/11/20)

『ジャスト・ダンス』10周年記念イベントの様子(ユービーアイソフトの公式ツイッターより)
ゲーム業界といえば日本や米国などが強い印象だが、仏ユービーアイソフト(Ubisoft)・エンターテイメントは…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第292回:セインズベリー 英国のPB商品に140年の歴史(2019/11/06)

セインズベリーが展開する店舗(EMB撮影)
スーパー各社がそれぞれの独自色を打ち出すプライベートブランド(PB)だが、英国での源流が業界2位のセ…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第291回:カラシニコフ 銃だけじゃない(2019/10/23)

レトロでありながら近未来的なデザインのカラシニコフのEV(同社提供)
使いやすく壊れにくい、「史上最悪の大量殺害兵器」とも呼ばれる歩兵用自動小銃「AK47」。設計者の名前を…

続きを読む

【欧州企業よもやま話】第290回:ビオトレム 地球が喜ぶ食べられるふすま食器(2019/10/09)

自然素材で馬でも安心して食べられる(ビオトレム提供)
環境保護の機運の高まりを背景に、脱プラスチックを掲げる国や企業が増える中、ポーランドのビオトレム(Bi…

続きを読む

すべての文頭を開く

NNAからのご案内

各種ログイン