政府、来年度予算案を閣議承認=公共投資を拡大

独政府は18日、2016年予算案と2019年度までの財政計画を閣議承認した。新規の借り入れを行わず、昨年に達成した財政黒字を維持する方針。一方でインフラ投資を中心に支出を拡大する。 2016年の歳出額は前年比3.3%増の3,125億ユーロを見込む。2017年には3,189億ユーロ、2018年には…

関連国・地域: ドイツフランスEUイタリア
関連業種: 金融建設・不動産運輸IT・通信天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、来年の成長率見通し引き下げ(12/13)

インフレ率、11月は改定値も1.1%(12/13)

小売りメトロ、通期は13.7%増益(12/13)

旅行TUI、「737MAX」運航停止で25%減益(12/13)

ドイツ鉄道とノキア、自動運転列車を試験へ(12/13)

ヴィテスコ、PHVパワートレインを新開発(12/13)

ルフトハンザ航空、持ち株会社化を計画(12/13)

後払いクラーナ、ベルリンに技術拠点開設へ(12/13)

ダイムラー合弁、北京のNEV工場が完成(12/13)

独政府、破綻のトーマス・クック顧客に返金(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン