• 印刷する

バイエルン州、禁煙法を施行

バイエルン州で4日、州民投票が行われ、 レストランやビアホール、飲食店での喫煙を全面的に禁止する、国内で最も厳しい禁煙法が採択された。8月1日から施行される。同州都ミュンヘンで毎年秋に開催される世界的なビール祭り「オクトーバーフェスト」では今年に限り特例措置が適用され、違反しても罰金は課されない。

これまでの禁煙法は、学校や駅構内、公共の場、飲食店での喫煙を禁止する一方、喫煙コーナー、祭りのテント、店舗面積が75平米以下の小規模バーなどでの喫煙は認める例外措置が設けられていた。今回の投票では、39%が現行法の継続を支持したが、61%は例外を認めない全面禁煙に賛成票を投じた。

同州の飲食店団体やたばこ産業会などは、投票率が37.7%と低かったことを挙げ、「今回の決定は民意ではない」と反発する一方、全面禁煙法を推進してきた同州野党の社会民主党(SPD)は、「ノルトライン・ウェストファーレン州、ベルリン市にとってはモデルケースになるはず」と今後の同法の全国展開にも自信を見せている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テスラの工場建設、独裁判所が差し止め命令(02/18)

ドイツ銀、英雇用制度変更で大量離職も(02/18)

独経済、第1四半期も低迷か=連銀月報(02/18)

バイエル、デジタル農業部門が提携終了(02/18)

バイエルなど、米で除草剤成分巡り賠償(02/18)

DHL、エジプト市場への投資拡大(02/18)

メルセデス、越でSUV「GLC」新モデル(02/18)

CDU、亀裂の深さ浮き彫り 右傾化求める勢力抑えきれず(02/17)

VW、排ガス集団訴訟で8.3億ユーロ補償へ(02/17)

VW、主要工場の石炭火力発電施設を閉鎖へ(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン