• 印刷する

バイエルン州、禁煙法を施行

バイエルン州で4日、州民投票が行われ、 レストランやビアホール、飲食店での喫煙を全面的に禁止する、国内で最も厳しい禁煙法が採択された。8月1日から施行される。同州都ミュンヘンで毎年秋に開催される世界的なビール祭り「オクトーバーフェスト」では今年に限り特例措置が適用され、違反しても罰金は課されない。

これまでの禁煙法は、学校や駅構内、公共の場、飲食店での喫煙を禁止する一方、喫煙コーナー、祭りのテント、店舗面積が75平米以下の小規模バーなどでの喫煙は認める例外措置が設けられていた。今回の投票では、39%が現行法の継続を支持したが、61%は例外を認めない全面禁煙に賛成票を投じた。

同州の飲食店団体やたばこ産業会などは、投票率が37.7%と低かったことを挙げ、「今回の決定は民意ではない」と反発する一方、全面禁煙法を推進してきた同州野党の社会民主党(SPD)は、「ノルトライン・ウェストファーレン州、ベルリン市にとってはモデルケースになるはず」と今後の同法の全国展開にも自信を見せている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ出版CMI、独プロジーベンに出資(10/22)

ドイツ経済、第3四半期もマイナス成長か(10/22)

SAP、米マイクロソフトとクラウド契約(10/22)

センビオン、S・ガメサと資産売却で合意(10/22)

ベルリン市、家賃据え置き計画を承認(10/22)

墺AMS、照明機器オスラムに新たなTOB(10/22)

生産者物価、9月は35カ月ぶりのマイナス(10/22)

ワイヤーカード、KPMGに独立調査委託(10/22)

コンチ、米3Mと路車間通信技術を開発(10/22)

VW世界販売、9月は9.2%増加(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン