【欧州大陸】第60回・フィンランド:原発新設計画を遂行する7つの理由

フィンランドの電力大手フェンノボイマは10月初め、北西部のピュハヨキ(Pyhajoki)に原子力発電所を新設すると発表した。事業費は40億~60億ユーロ。フェンノボイマは東芝や仏原子力企業アレバに入札参加を促しており、遅くとも2013年には建設業者を選定、15年には着工する見通し…

関連国・地域: ドイツEUスウェーデンフィンランドアジア
関連業種: 食品・飲料電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

日本車の対欧輸出、12月は日産除き不振(01/31)

ユーロ圏景況感、1月は改善(01/31)

トタルとエニ、レバノンでのガス開発へ協定(01/31)

トルコ、2月にガスサミットを開催(01/31)

EUとタイ、FTA交渉再開で合意(01/31)

<編集長's View>ショルツを侮るなかれ(01/30)

【今週の主な予定】1月30日~2月3日(01/30)

欧州委、ブルガリアとスロバキアを提訴(01/30)

スイス社、ガス導管TAPの権益5%売却(01/30)

【クルマの新時代】「飽和」迎えた欧州の自動車市場 ソフト更新が持続的収入の要に(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン