【中東欧ズームイン】162回・ハンガリー:年金制度問題にメスを入れ始めたオルバーン政権

ハンガリー市民連盟(FIDESZ)政権が発足してから1年。この数週間、ブダペスト市内では労働組合連合によるデモ集会が目立って多くなった。これまでポピュリストとして知られたオルバーン首相が、障害年金の不正受給問題や、法定定年前の老齢年金受給制度にメスを入れ始めた…

関連国・地域: EUハンガリー
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

自動車各社の最新決算に広がる安堵感 <連載コラム・自動車産業インサイト>第47回(08/14)

米国、EU製品への報復関税を維持へ(08/14)

EU、カンボジアへの特恵関税を一部停止(08/14)

独仏、新規感染者が過去3カ月で最多に(08/14)

風力と太陽光の発電量、世界発電量の10%弱(08/14)

ストックホルムとロンドン、抗体率は同等(08/14)

ユーロスター、新型コロナでWi−Fi中断(08/14)

カタールのガス田EPCIに9社応札(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン