【欧州大陸】第54回・ドイツ:福島原発事故後の政策の行方

2050年に電力の8割を再生可能エネルギーで賄うことを目標とするドイツ。福島第1原子力発電所の事故を受け、政府は従来の原発政策から転換し、早期の「脱原発」をうたっている。旧型原子炉7基の一時停止と残りの9基の安全性総点検のため、ドイツ全土にある17基のうち現在は4基…

関連国・地域: ドイツEUアジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

自動車各社の最新決算に広がる安堵感 <連載コラム・自動車産業インサイト>第47回(08/14)

米国、EU製品への報復関税を維持へ(08/14)

EU、カンボジアへの特恵関税を一部停止(08/14)

独仏、新規感染者が過去3カ月で最多に(08/14)

風力と太陽光の発電量、世界発電量の10%弱(08/14)

ストックホルムとロンドン、抗体率は同等(08/14)

ユーロスター、新型コロナでWi−Fi中断(08/14)

カタールのガス田EPCIに9社応札(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン