【12年の10大ニュース】 ユーロ圏崩壊回避も危機解決遠く

2012年は欧州にとり、再び試練の1年となった。独仏などの努力によってユーロ圏崩壊をかろうじて免れたとはいえ、実体経済の悪化が肌で感じられるほど表面化。各国が緊縮財政を敷く中で圏内経済は低空飛行を続け、第3四半期にはとうとうリセッションに陥った。失業率も過去最悪を…

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUギリシャスペインクロアチアロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【クルマの新時代】「飽和」迎えた欧州の自動車市場 ソフト更新が持続的収入の要に(01/27)

欧州の運送会社、8割強が電動化を希望(01/27)

【ウイークリー統計】第131回 EUの木材生産大国ドイツ(01/26)

G7、ウクライナへのエネ支援継続で合意(01/26)

欧州商用車登録台数、2022年は15.1%減少(01/26)

ユーロスター、3割空席=英のEU離脱影響(01/26)

1月は7カ月ぶり分岐点越え ユーロ圏総合PMI=速報値(01/25)

米自動車フォード、欧州で最大3200人削減(01/25)

欧州委、EU電力市場改革へ意見公募(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン