6月は低下も分岐点越え ユーロ圏総合PMI=確定値

米国の金融情報サービス大手S&Pグローバルは、6月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景気指数、確定値)が50.9になったと発表した。速報値から0.1ポイント上方修正されたが、前月からは1.3ポイント低下。景気の「改善」と「悪化」の境目である50は4カ月連続で上回っている。 …

関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアスペイン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

仏フォルビア、中国BYDと欧州で提携(07/24)

EU外相会合、ハンガリーで開催せず(07/24)

UAE、EUとの通商交渉を年内に再開も(07/24)

中欧2カ国、EUに調停要請=石油供給停止(07/24)

ハマーソン、バリュー・リテールの全株売却(07/24)

【中東欧ダイアローグ】ECBの『2024年収れん報告書』を読む(07/24)

中国製バイオ燃料に追加関税 欧州委、不当廉売防止で暫定措置(07/23)

欧州議会、AI規制の監視グループ設置へ(07/23)

インドネシア菓子社、年内に欧米など輸出へ(07/23)

ボーダフォン、独電波塔会社の株式10%売却(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン