水素転用可のガス火力発電所 独政府、入札実施へ=計12.5GW

ドイツ政府は5日、年内または2025年初めに、水素発電への転用が可能なガス火力発電所の事業者入札を実施する方針を明らかにした。今後の電力需要拡大を見据えた動きで、新設と改修を合わせて12.5ギガワット相当が対象となる。経済・気候保護省の発表として、ロイター通信などが伝…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独レオニ、ブルガリア北部の工場閉鎖(07/22)

セルビア、リチウム開発事業でEUと覚書(07/22)

ダイムラー・トラック、バッテリー試験生産(07/22)

激動の欧州経済生き抜くには 専門家が解説=独で弊社セミナー(07/22)

EV重視の企業、採用活発=求人広告を分析(07/22)

リリウム、サウジからeVTOL50機受注(07/22)

生産者物価、6月は1.6%低下(07/22)

ドイツ鉄道、定時到着率は62%=上半期(07/22)

欧州の空の便、システム障害で混乱(07/22)

セルビア、欧州自動車3社とリチウム契約へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン