• 印刷する

英国、ネットゼロで経済効果 30年までに570億ポンド=産業連

英国産業連盟(CBI)は、次期政権がネットゼロ計画を経済政策の中心に据えれば、2030年までに570億ポンドの経済効果があると試算している。CBIのレイン・ニュートンスミス最高経営責任者(CEO)が1日、ロンドンで開かれた気候変動関連の会議の演説で明らかにした。

ニュートンスミス氏は、「誰が次期政権を担おうと、環境に配慮せずに経済成長を促進し、国民と地域社会に貢献することはできない」と訴えた。23年の英国の経済成長率はわずか0.1%だったが、CBIはネットゼロ関連分野は9%成長したと指摘。この市場で迅速に行動できる国が世界的に優位性を確保できるとし、次期政権はグリーン経済の成長により、年率で約2.4%に当たる570億ポンドの経済成長をもたらす可能性があると述べた。

CBIは、こうした成長を達成するため、◇投資家に英国のグリーン経済の投資機会を訴えること◇省庁間の調整のため内閣府にネットゼロ・デリバリー室を設置すること◇公共支出により民間投資を呼び込むようなネットゼロ投資計画を策定すること◇グリーン技術の拡大を支援すること◇送電網を急速に拡大すること――の5点を挙げている。

4日に実施される総選挙では労働党の勝利が見込まれているが、同党は当初、グリーン政策への投資として年間280億ポンドを掲げていたが、財政悪化を懸念して237億ポンドに引き下げた。保守党もグリーン移行計画を縮小している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

激動の欧州経済生き抜くには 専門家が解説=独で弊社セミナー(07/22)

ハーモニー、仏最大の電力貯蔵施設を建設(07/22)

英政府、鉄道の再国有化法案を議会に提出(07/22)

欧州政治共同体、不法移民対策を協議(07/22)

日立、英鉄道車両で前方監視試験を開始(07/22)

EU、規制強化でネットゼロ早期実現も(07/22)

商船三井、耐熱エンジンの英新興企業に出資(07/22)

財政収支、赤字縮小も予想上回る(07/22)

小売売上高、6月は1.2%減少(07/22)

欧州の空の便、システム障害で混乱(07/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン