• 印刷する

EU、欧州委員長続投で合意 大統領・外相は交代=議会承認へ

欧州連合(EU)は6月27日、ベルギーの首都ブリュッセルで開催した首脳会議で、フォンデアライエン欧州委員長の続投を支持することで合意した。欧州議会の承認を経て正式決定する。ミシェルEU大統領の後任にはポルトガルのコスタ前首相が、EU外相に当たるボレル外交安全保障上級代表の後任にはエストニアのカラス首相が、それぞれ選出されている。

フォンデアライエン氏の任期は10月31日まで。同氏は最大会派の中道右派「欧州人民党(EPP)」に所属し、EPPは今選挙でも議席を伸ばしたため、続投が有力視されていた。2期目として、新たに5年の任期に就く。フォンデアライエン氏は「友人であるコスタ氏、カラス氏とこの瞬間を共有できたことをうれしく思う」とコメントしている。

一方で、イタリアのメローニ首相はフォンデアライエン氏の続投の是非を問う採択を棄権し、コスタ氏とカラス氏の選出には反対したという。メローニ氏はX(旧ツイッター)に、「選挙で国民から示された意見を尊重し、反対を決めた」と説明した。ハンガリーのオルバン首相も、フォンデアライエン氏に反対票を投じたという。

これからトップを務める3人は、いずれも中道・親EU派。フォンデアライエン氏は中道右派、コスタ氏は中道左派、カラス氏はリベラル派とされ、政治的にも地理的にもバランスの取れた人事だとされている。


関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

EU外相会合、ハンガリーで開催せず(07/24)

仏フォルビア、中国BYDと欧州で提携(07/24)

UAE、EUとの通商交渉を年内に再開も(07/24)

ハマーソン、バリュー・リテールの全株売却(07/24)

中欧2カ国、EUに調停要請=石油供給停止(07/24)

【中東欧ダイアローグ】ECBの『2024年収れん報告書』を読む(07/24)

中国製バイオ燃料に追加関税 欧州委、不当廉売防止で暫定措置(07/23)

欧州議会、AI規制の監視グループ設置へ(07/23)

インドネシア菓子社、年内に欧米など輸出へ(07/23)

ボーダフォン、独電波塔会社の株式10%売却(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン