定刻運行の中欧班列、長江デルタで初導入

中国と欧州を往来する国際貨物列車「中欧班列」の定期便、浙江省義烏市―ドイツ西部デュイスブルク(Duisburg)を結ぶ「X8188」の運行が始まった。同便は路線と途中の国境ゲートを含めた到着時刻が固定された定刻運行。同様の便の導入は長江デルタ地域で初となる。中国新聞社電が…

関連国・地域: EUアジア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

国民議会選挙後のフランス財政リスク <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第60回(07/19)

セルビア、欧州自動車3社とリチウム契約へ(07/19)

欧州中銀、政策金利4.25%に据え置き(07/19)

フォンデアライエン欧州委員長、続投決定(07/19)

欧州新車登録台数、6月は3.6%増(07/19)

西バルカン、気候変動対策に370億ドル必要(07/19)

グリーン鉄鋼、EV価格への影響は限定的(07/19)

アディダス、商標巡り米ブランドと法廷紛争(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン