ロンドンの労働生産性が低下=在宅勤務影響

ロンドンの時間当たり労働生産性は2019~22年に2.7%低下した。英国の政府統計局(ONS)が18日公表した地域別の労働生産性統計で明らかになった。一方で、英国全体の労働生産性はこの期間に2.5%伸びている。 地域別に見ると最も伸びたのはイングランド北西部で、4年間で7.9%…

関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ボディショップ、身売先決定 資産家率いるコンソーシアムに(07/19)

英アイルランド首脳会談、関係改善で合意(07/19)

失業率、5月は4.4%で横ばい(07/19)

BP、次世代燃料の中国社に出資=15%(07/19)

ユニリーバ、印で浄水器事業売却へ(07/19)

アディダス、商標巡り米ブランドと法廷紛争(07/19)

セルビア政府、資源リオのリチウム事業許可(07/18)

英国王が施政方針演説 40法案発表=AI規制は見送り(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン