• 印刷する

EU、トップ人事で結論先送り=月内再協議

欧州連合(EU)は17日、ベルギーの首都ブリュッセルで非公式の首脳会議を開催し、次期欧州委員長など主要ポストの人事案について協議した。現職のフォンデアライエン欧州委員長らは今秋に任期切れとなるが、具体的な合意に至らず。結論は27~28日に行われる首脳会議に持ち越された。

今回の首脳会議は、6~9日に実施された欧州議会選挙以降で初めて行われた。フォンデアライエン氏の続投の是非のほか、ミシェルEU大統領やEU外相に当たるボレル外交安全保障上級代表の後任についても協議した。

ミシェル氏は会議後、「良い話し合いで正しい方向に向かっているが、合意には至らなかった」として、決定にはさらなる時間が必要だとの認識を示した。

欧州委員長は、欧州議会選の結果を踏まえてEU首脳会議で指名され、欧州議会が承認する。フォンデアライエン氏は最大会派の中道右派「欧州人民党(EPP)」に所属し、EPPは今選挙でも議席を伸ばしたため、同氏の続投が有力視されている。[EU規制]


関連国・地域: EU
関連業種: 雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

国民議会選挙後のフランス財政リスク <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第60回(07/19)

セルビア、欧州自動車3社とリチウム契約へ(07/19)

欧州中銀、政策金利4.25%に据え置き(07/19)

フォンデアライエン欧州委員長、続投決定(07/19)

欧州新車登録台数、6月は3.6%増(07/19)

西バルカン、気候変動対策に370億ドル必要(07/19)

グリーン鉄鋼、EV価格への影響は限定的(07/19)

アディダス、商標巡り米ブランドと法廷紛争(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン