独政府、水素加速法案を閣議決定

ドイツ政府は29日、水素加速法案を閣議決定した。水素インフラの建設承認プロセスなどを迅速化させる内容。法案はまず連邦参議院(上院)に提出し、その後、連邦議会(下院)で審議する。2024年末までの施行を目指している。 政府は昨年、国内の水電解装置の容量を30年までに10ギ…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

米アマゾン、独で100億ユーロの追加投資(06/21)

EU、露産LNGに初制裁 域内港で第三国向け積み替え禁止(06/21)

AfDとCDUの接戦に=ザクセン州議会選(06/21)

オランダの水素パイプ社、2千万ユーロ調達(06/21)

ドイツテレコム、SBなど4社とAI合弁(06/21)

米半導体ウルフスピード、独工場の建設遅延(06/21)

総合電機シーメンス、スイッチギア工場拡張(06/21)

ドイツ銀、外部コンサル費用を7割削減(06/21)

生産者物価、5月は2.2%低下(06/21)

フォード、ケルンで人員削減 経営陣が6月末に計画発表へ(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン