• 印刷する

121社トップ、労働党を支持 総選挙前に保守党政権を批判

英国企業のトップや創業者ら121人が28日、タイムズ紙に宛てた共同書簡で最大野党・労働党への支持を表明した。保守党政権の「政治的安定と一貫した経済戦略の欠如が英国の成長を妨げている」と主張し、英国には変化が必要だとしている。労働党は7月4日に行われる総選挙に向け、財界からの支持獲得に努めており、これが奏功した形だ。

121人の署名者には、冷凍食品販売アイスランドの創業者マルコム・ウォーカー氏など、これまで保守党支持者として知られていた人物の顔も並ぶ。このほか、ロンドン・ヒースロー空港のジョン・ホランドケイ前最高経営責任者(CEO)や、インターネット上の百科事典「ウィキペディア」の創業者ジミー・ウェールズ氏、スポーツ用品販売大手JDスポーツ・ファッションのアンドリュー・ヒギンソン会長などが支持を表明している。

労働党のリーブス影の財務相はこの日、英国企業の指導者らを前に選挙演説を行い、「史上最も経済成長志向が強く、企業寄りの財務相を目指す」と強調。労働党はスターマー党首の下で変革を遂げたとし、「政治的中道路線を取り戻し、企業の支持を回復した労働党なら、英国に投資と成長を取り戻すことができる」との考えを示した。

■保守党は年金生活者にアピール

与党・保守党はこの日、年金生活者を対象とした減税策を公約として打ち出した。年金受給者の所得税控除額を引き上げることにより、向こう5年で総額24億ポンドの課税を回避する方針。保守党の支持率が比較的高い高齢者層にアピールする。

政府は28年4月まで、所得税控除額を1万2,570ポンドに据え置くことを決めているが、年金支給額をインフレ率、賃金上昇率、2.5%の三つのうち最も高い数値に合わせて引き上げる「トリプルロック」は維持する方針。このため、27年4月には基礎年金受給額が所得税控除額を上回り、課税対象となる恐れがあった。今回の措置はこれを回避するものだが、労働党は「財源が確保されていない」と批判している。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

資源リオのリチウム事業は「安全」=専門家(06/14)

英政治への信頼、過去最低 コロナ以降の混乱原因=世論調査(06/14)

オランダ、4ギガワット級洋上風力発電承認(06/14)

「AIのリスク」熱論、スタートアップ祭典(06/14)

通信BT、メキシコ実業家が少数株取得(06/14)

べスタス、スコットランドに製造拠点設置へ(06/14)

スタートアップ5千社が結集 英でイベント=AIリスクに注目(06/13)

鉱工業生産、4月は0.9%減少(06/13)

ディアジオ、ナイジェリア子会社を売却(06/13)

建設業生産、4月は1.4%減少(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン