• 印刷する

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報

中銀のドイツ連邦銀行は22日に発表した月報で、5月に国内のインフレ率が再び加速に転じ、今後数カ月はやや高い水準で推移するとの見通しを示した。賃金の上昇ペースが予想を上回り、サービス業の物価上昇圧力が強まっているためとしている。

労働協約で決まった賃金は手当や付加給付などを含めると、第1四半期(1~3月)に前年同期比6.2%上昇し、昨年第4四半期の3.6%から伸びが加速。一時金を除いても3%増と、前期を上回っている。このため連銀は、「基本的にディスインフレのプロセスには依然としてリスクがある」と述べ、サービス業に対する強い価格上昇圧力が長引くとみている。

ドイツの国内総生産(GDP)は第1四半期に前期比0.2%増えたが、連銀は第2四半期について、「再びわずかに拡大する可能性が高い」と指摘。個人消費とサービス業のさらなる回復が見込まれ、景気拡大が徐々にスピードを上げていくとの見方を示した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

フォード、ケルンで人員削減 経営陣が6月末に計画発表へ(06/20)

銀行員20万人以上が賃上げ要求=スト警告(06/20)

中国、モロッコで欧州向け電池製造を加速(06/20)

ジャスト・イート、欧州で米アマゾンと提携(06/20)

スペインBBVA、独でデジタル銀設立計画(06/20)

欧州3カ国で電動航空機の国際便が就航(06/20)

住宅建設許可、4月は17%減少=連邦統計庁(06/20)

独内相、民主主義への脅威「新次元」(06/20)

独自動車大手、随行せず 副首相の訪中=部品メーカーのみ(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン