• 印刷する

英経済、直近3カ月は0.2%成長=NIESR

シンクタンクの国立経済社会研究所(NIESR)は7日、英国の6~8月の国内総生産(GDP)が前の3カ月と比べて0.2%増加したとの推計を発表した。0.3%伸びた5~7月から減速したものの、2カ月連続でプラスを確保した。

分野別では、民間、公共のサービス業が前期比年率で共に1.3%伸びたのに対し、鉱工業は0.4%のマイナス。建設業と農業もそれぞれ6.1%減、4.8%減と大幅に落ち込んでいる。

NIESRは英国経済が拡大を続けると予想するものの、大幅なマイナス成長から脱するためにはより高い成長率が必要だとしている。また、ユーロ圏債務危機の深刻化など経済見通しに対する顕著な下揺れリスクは依然として続くとみている。

NIESRは政府統計局(ONS)の公式発表に先立って成長率を推計・公表している。これまで、四半期ベースの数値ではONSと0.1~0.2ポイントの誤差で一致しているという。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 農林・水産その他製造建設・不動産天然資源サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

離脱協定の大幅変更を拒否 メイ首相、野党の要望に応じず(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

ポルトガル、空港に英国人向けの特別レーン(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

小売売上高、12月は0.9%減少(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

ソジェン、南アフリカ事業を売却(01/21)

蘭フィリップス、イングランドの工場閉鎖へ(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン