• 印刷する

英経済、直近3カ月は0.2%成長=NIESR

シンクタンクの国立経済社会研究所(NIESR)は7日、英国の6~8月の国内総生産(GDP)が前の3カ月と比べて0.2%増加したとの推計を発表した。0.3%伸びた5~7月から減速したものの、2カ月連続でプラスを確保した。

分野別では、民間、公共のサービス業が前期比年率で共に1.3%伸びたのに対し、鉱工業は0.4%のマイナス。建設業と農業もそれぞれ6.1%減、4.8%減と大幅に落ち込んでいる。

NIESRは英国経済が拡大を続けると予想するものの、大幅なマイナス成長から脱するためにはより高い成長率が必要だとしている。また、ユーロ圏債務危機の深刻化など経済見通しに対する顕著な下揺れリスクは依然として続くとみている。

NIESRは政府統計局(ONS)の公式発表に先立って成長率を推計・公表している。これまで、四半期ベースの数値ではONSと0.1~0.2ポイントの誤差で一致しているという。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 農林・水産その他製造建設・不動産天然資源サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独経済成長見通しを下方修正 経済諮問委、保護主義にも警鐘(03/20)

英政府、3度目の採決諦めず 「実現方法見出す」=EU離脱相(03/20)

イージージェット、アリタリア救済から撤退(03/20)

失業率、1月は過去44年で最低(03/20)

ドイツで5G通信網の入札開始(03/20)

ZEW景気期待指数、3月は大幅に改善(03/20)

スーパー2社、合併なら10億ポンド値下げへ(03/20)

PSA、伊フィアットとの合併も視野に(03/20)

オカド、米でeコマースサービス拠点開設へ(03/20)

SLA、ロイズ銀との契約巡る裁判で勝訴(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン