• 印刷する

独経済、今年は0.1%拡大 見通し下方修正=5大研究所

ドイツを代表する五つの経済研究所は27日発表した春季合同経済予測の中で、今年の国内総生産(GDP)成長率の見通しを昨年9月時点のプラス1.3%から0.1%に引き下げた。循環的要因と構造的要因が経済全体を低迷させていると指摘した。

合同経済予測は、連邦経済技術省の委託により春と秋の年2回発表される。今回の予測は、Ifo経済研究所、RWI経済研究所、ドイツ経済研究所(DIW)、ハレ経済研究所(IWH)、キール世界経済研究所(IfW)が合同でまとめた。

それによると、景気は春から回復に向かうが、勢いはそれほど強くないと予想。ドイツにとって重要な資本財や中間財の需要が低迷し、エネルギー関連商品の価格競争力が低下するため、世界的に経済活動が活発であるにもかかわらず輸出が低迷すると指摘した。

また、名目賃金が今後、上昇するのに伴い、実質賃金も大幅に伸びるとしているが、来年の第2四半期(4~6月)まではインフレが加速する前の21年末の水準には戻らないとの見方を示している。

その上で、個人消費が経済をけん引する最も重要な原動力になると強調している。

来年のGDP成長率は1.4%と、秋季予測から0.1ポイント引き下げた。

インフレ率は、今年は2.3%となり、来年は1.8%まで減速する見通し。

IWHは「より重要なのは、財政難に苦しむ地方自治体の投資活動を保護するために、財政構造全体を再編成することだ」と指摘した。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独経済、今年も改善見込めず 労働力不足など課題=商工会議所(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

医薬品容器ゲレスハイマー、伊同業を買収(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

DHL、中国初のNEV専用拠点を上海開設(05/24)

強制送還、第1四半期は34%増加=ドイツ(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

インフレ、再加速の可能性 賃金上昇が予想上回る=連銀月報(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン