• 印刷する

企業向け減税法案を可決 独上院、年32億ユーロ規模に縮小

ドイツ連邦参議院(上院)は22日、中小企業の税負担を軽減し競争力強化を図る「成長機会法案」の修正案を、賛成多数で可決した。減税規模は年32億ユーロと、当初案の70億ユーロから大幅に縮小した。新法は研究活動への税制優遇を拡大し、企業の研究開発(R&D)を促す。また、居住用建物の新たな減価償却規則も盛り込んでおり、調達コストの上昇や金利高止まりで苦境に立つ、建設業が恩恵を受けそうだ。

法案は中道右派のキリスト教民主同盟(CDU)と姉妹政党キリスト教社会同盟(CSU)が抵抗していた。CDUとCSUは法案承認の条件として、連邦政府が決定した農業用ディーゼル燃料補助削減の撤回を求めていた。連邦参議院は州の代表で構成されており、CDUとCSUが率いる州が多くある。そのため、連邦政府が要求に応じない場合、法案成立は不可能とみられていた。

連邦政府は農業用ディーゼル燃料補助削減の撤回には応じなかったものの、所得税を複数年でならす平均課税の導入といった、新たな農家優遇策を提示して懐柔を図り、成立にこぎつけた。

成長機会法案は、昨年連邦議会(下院)が可決した。ただ、減税分の大部分を州や地方自治体が負担する必要があり、連邦参議院は否決。両院協議会にかけられ、修正案が作成された。減税額を大幅に縮小した修正案を、連邦議会は今年2月に可決していた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

EV充電器の設置義務化へ 独、28年以降に給油所で=8千基(05/30)

独自動車部品PWO、セルビア新工場が着工(05/30)

独、CO2貯留法改正案を閣議決定(05/30)

独政府、水素加速法案を閣議決定(05/30)

独インフレ率、2.4%に加速=5月速報値(05/30)

実質賃金、第1四半期3.8%上昇=過去最高(05/30)

スペインなど3カ国、パレスチナを正式承認(05/30)

低排出ディーゼル燃料「HVO100」が発売(05/30)

フィンテックのクルーバー、1.1億ドル調達(05/30)

GfK消費者信頼感、4カ月連続改善=6月(05/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン