緑の党、23年は党員減=今年は反極右追い風

ドイツ連立与党の一角、緑の党は1日、2023年の党員数が減少に転じたと発表した。党員数はこれまで7年連続で増加していたが、連立政権への支持低下が、党勢にも影響したとみられる。ただ今年は、年初から反極右のムードが急激に高まったことが追い風となり、すでに8,000人が入党し…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼ティッセン、人員削減へ 年産能力縮小で大規模な再編計画(04/15)

風力タービンブレード落下=オスロ近郊(04/15)

金融アポバンク、300人削減=組合員離れで(04/15)

BASF、フィンランド工場の従業員解雇(04/15)

独北部LNG基地、5月中旬までに操業開始(04/15)

インフレ率、3月は2.2%に減速=改定値(04/15)

住宅建設のキャンセル、19.6%に悪化=3月(04/15)

独車の米国販売、アウディ除き前年越え(04/15)

ショルツ首相、13日から訪中 習主席と会談=競争条件で交渉か(04/12)

送ガスGRT、仏独水素パイプラインに投資(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン