世界のCO2排出、23年は過去最高=IEA

世界の2023年の二酸化炭素(CO2)排出量が、過去最高の水準に達した。干ばつによる影響で水力発電の稼働が落ち込んだことが主因。各国で再生可能エネルギーの導入が着実に進み排出抑制に貢献しているのの、環境要因による供給の不安定さも露呈した形となった。国際エネルギー機…

関連国・地域: EU
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州の航空会社、欠航最多はルフトハンザ(04/18)

仏エンジー、オランダのバイオガス施設取得(04/18)

【ウイークリー統計】第162回 欧州の平均寿命、回復傾向(04/18)

ユーロ圏経済、0.8%成長か 金融引き締め影響で低調=IMF(04/18)

ユーロ圏インフレ率、3月は2.4%=改定値(04/18)

風力発電設置容量、23年は過去最高=報告書(04/18)

中国、欧州向け貨物列車輸送1割増(04/18)

地中海の航行、リスク増大=イランの報復で(04/17)

欧州でマグネシウム採掘再開=ルーマニア(04/17)

ヒートポンプ、利上げやガス価格下落で不振(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン