露極北東部、グリーン水素生産に有望か

ロシア極北東部で、グリーン水素を21億トン生産できる可能性がある――。太陽放射と風力エネルギー、低鉱物の地表水と地下水を利用することで製造できると予測されている。ロシア科学アカデミー北東統合研究所のエフゲニー・グロトフ氏の話を元に、タス通信が26日伝えた。 グロト…

関連国・地域: ロシア
関連業種: 化学天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

露ITソフトライン、カザフスタン市場参入(04/24)

街頭取材応じた男性に強制労働5年=露(04/24)

英、ウクライナに追加支援 5億ポンドの軍備供与を約束(04/24)

独最大野党、露産農産物の完全禁輸を提案(04/24)

世界の軍事支出、23年は過去最高(04/23)

米下院、ウクライナ支援案を可決=上院へ(04/23)

ノリリスク・ニッケル、中国に銅工場(04/23)

ハノーバー・メッセが開幕 独首相「AIで成長加速する」(04/23)

建材クナウフ、露から完全撤退決定(04/23)

EU、露産LNG輸入は「当面必要」(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン