• 印刷する

補欠選、労働党が勝利=スナク政権に痛手

英国で15日、イングランドの2選挙区で下院(定数650)の補欠選挙が行われ、いずれも最大野党・労働党の候補が勝利した。選挙が行われたイングランド中部ノーザンプトンシャー州ウェリングボロー(Wellingborough)と南西部サウスグロスターシャー州キングスウッド(Kingswood)では、これまで与党・保守党が強い地盤を維持していた。今年後半に予定される総選挙での勝利に向け、労働党が着実に地歩を固めている。BBC電子版などが伝えた。

ウェリングボロー選挙区では、労働党候補が1万3,844票超を獲得し、保守党候補の7,408票を大きく上回った。保守党から労働党にくら替えした有権者は28.5%と、第2次世界大戦以降の補欠選では2番目に多かった。キングスウッド選挙区では、労働党候補が1万1,176票で勝利。保守党候補は8,675票だった。保守党から労働党に乗り換えた有権者は16.4%に上った。

労働党のスターマー党首は結果を受け、「この国は変化を切望している」とコメント。「有権者は労働党が変わったことに気づいている。労働党は2019年の総選挙の時と違い、国民が抱える問題に対し解決策を提示できることが見えている」と強調した。

今回はどちらの選挙区でも、リフォームUK(旧ブレグジット党)の候補が3位につけた。同党はウェリングボローでは3,919票を獲得し、中道左派の自由民主党(1,422票)を大きく引き離した。キングスウッドでは2,578票を確保し、環境政党・緑の党(1,450票)を抑えた。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン