• 印刷する

極右AfD、旧東独の自治体首長選挙で敗北

ドイツ東部テューリンゲン州のザーレオルラ(Saale-Orla)郡で28日、首長選挙の決選投票が行われ、右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の候補者が予想外の敗北を喫した。14日の第1回投票では同党の候補者が首位だったが、ドイツではその後、全国でAfDに対する大規模な抗議デモが展開されていた。

決選投票では、中道右派・キリスト教民主同盟(CDU)のクリスチャン・ハーゴット候補が得票率52.4%で、AfDのウーバ・トゥルム候補に辛勝した。トゥルム氏は第1回投票では45.7%で首位に立ち、ハーゴット氏は33.3%にとどまっていた。

テューリンゲン州ではAfDの支持率が30%超と高く、昨年6月には同州ゾンネベルク郡でAfDのロベルト・ゼッセルマン候補が勝利。全国で初めて、同党に所属する政治家が郡の首長に選ばれた。

AfDは全国的にも20%を超える支持を得ており、特にテューリンゲン州を含む旧東独地域には同党の支持者が多い。同州とザクセン州、ブランデンブルク州では9月に州議会選挙が予定されており、AfDの躍進が予想されている。

ただ今年に入ってから、AfDの関係者が極右活動家らとの秘密の会合で、外国にルーツを持つドイツ国籍保持者を数百万人規模で国外に追放することを計画していると報じられた。これを受け、20~21日には全土で数十万人が参加する大規模な抗議デモが行われている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EV充電器の設置義務化へ 独、28年以降に給油所で=8千基(05/30)

独自動車部品PWO、セルビア新工場が着工(05/30)

独、CO2貯留法改正案を閣議決定(05/30)

独政府、水素加速法案を閣議決定(05/30)

独インフレ率、2.4%に加速=5月速報値(05/30)

実質賃金、第1四半期3.8%上昇=過去最高(05/30)

スペインなど3カ国、パレスチナを正式承認(05/30)

低排出ディーゼル燃料「HVO100」が発売(05/30)

フィンテックのクルーバー、1.1億ドル調達(05/30)

GfK消費者信頼感、4カ月連続改善=6月(05/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン