原油価格、4%上昇=フーシ派拠点空爆で

英国と米国が、イエメンのフーシ派の軍事拠点を空爆したことを受け、原油価格が4%上昇するなど経済への影響の懸念が広がっている。 ロイター通信によると、ブレント原油先物価格は12日、前日比4%高の1バレル80.52ドル、米国産標準油種(WTI)は同4.1%高の74.99ドルまで上…

関連国・地域: 英国中東
関連業種: 運輸天然資源政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

英、ウクライナに追加支援 5億ポンドの軍備供与を約束(04/24)

移民ルワンダ移送法案、議会通過=夏実行へ(04/24)

中銀、利下げは8月か=市場予測(04/24)

JDスポーツ、米ヒベットを買収(04/24)

シェルやトタル、UAEでLNG事業参画か(04/24)

自動車販売ペンドラゴン、人員整理を計画(04/24)

食品ABフーズ、上半期は37%増益(04/24)

アストンマーティン、UAEで不動産事業(04/24)

飲酒での死亡、コロナ禍で過去最多に=英国(04/24)

カナリア諸島、オーバーツーリズムに抗議(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン