• 印刷する

ドイツ再生エネ導入量、23年は過去最高

ドイツの2023年の太陽光発電や風力発電設備の導入量が、過去最高を記録した。ただ、目標値に到達したのは太陽光設備のみ。業界団体は行政手続きが改善されることで、24年は風力発電も普及がさらに進むとみている。

ロイター通信によると、ドイツ太陽光産業協会(BSW)は2日、ドイツで14ギガワットの発電量に相当する100万件以上の太陽光発電施設が23年に導入され、前年比で85%増加したと発表した。

主に一般住宅での需要が増えたのが特徴。内訳を見ると、住宅用では前年比135%増の7ギガワット分が設置され、総設備容量の約半分を占めた。4.3ギガワット分はソーラーパークによるもので、前年比で40%増加した。

BSWは、150万人以上の住宅所有者が住宅屋根への太陽光発電設備の導入を検討していて、行政手続きの簡素化が進めば、24年も導入量の増加が見込まれるとしている。

ドイツでは現在、必要電力の52%が再生可能性エネルギーで調達され、政府は30年までにこれを80%にまで引き上げる目標を掲げている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

自動車VW、イタリアで和解 排ガス巡り5千万ユーロ超支払い(05/17)

独ワッカー・ノイソン、セルビア工場拡張(05/17)

総合電機シーメンス、第2四半期は38%減益(05/17)

経済諮問委、成長率見通し引き下げ=0.2%(05/17)

独国内の露凍結資産、40億ユーロ=財務省(05/17)

香港衣料チェーンのエスプリ、独で破産申請(05/17)

トラワ、シードラウンドで1千万ユーロ調達(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

中国社、独最大の太陽光発電所にモジュール(05/17)

D・ヒーロー、台湾事業を米ウーバーが買収(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン