• 印刷する

EU、ウクライナ加盟交渉開始 追加支援は合意至らず

欧州連合(EU)は14日の首脳会議(サミット)で、ウクライナと正式な加盟交渉を開始することで合意した。ロシアの侵攻を受けている同国のゼレンスキー大統領は、「国民の励みになる」と歓迎している。ただ、ウクライナへの500億ユーロの追加支援はハンガリーの反対のために承認されず、年明けに再度、協議が行われることになった。

ウクライナとの交渉開始には全会一致での承認が必要だったが、ハンガリーのオルバン首相はこれにも反対していた。EU政策専門サイトのユーラクティブによると、同首相は採決直前に離席。棄権扱いとなり、残りの26カ国の首脳による全会一致で交渉開始が決まった。

ゼレンスキー氏は「今後もさらなる手続きを踏んで、EUとの制度や基準の統合という大仕事をこなす必要がある」とした上で、「ウクライナはこれを成し遂げる」と強調。「EU加盟を祝福できる日が必ず来る」と意欲を示した。

2024~27年のEU予算から拠出されるウクライナへの500億ユーロの追加支援については、オルバン首相のみが反対し、承認されなかった。EUのミシェル大統領は「来年早々に再び協議し、全会一致での承認を目指す」と述べている。

ウクライナは財政を維持するために追加支援が必要で、ゼレンスキー大統領は米国にも610億ドルの支援を要請している。ただ、こちらも共和党の一部議員が反対したために承認されていない。

なお、今回のEUサミットでは、モルドバとも正式な加盟交渉を開始することが決まった。ウクライナやモルドバとほぼ同時に加盟を申請したジョージア(グルジア)は、加盟候補国として承認された。加盟候補国のボスニア・ヘルツェゴビナについては、来年3月に再度、加盟条件の順守状況を検討した上で、交渉開始の決断を下すとしている。[EU規制]


関連国・地域: EUハンガリーボスニアヘルツェゴビナウクライナモルドバジョージア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録台数、4月は12%増(05/23)

独連銀総裁、EUの中国EV関税に反対(05/23)

EU、露凍結資産でのウクライナ支援を採択(05/23)

欧州3カ国、パレスチナ国家承認(05/23)

右派AfD、有力候補が欧州議会選に不出馬(05/23)

ブルガリア社、ガス設備拡張で2団体選定(05/22)

半導体研究imec、25億ユーロの投資確保(05/22)

EU、AI規制法案を最終承認=26年に適用(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン