• 印刷する

ウクライナ加盟交渉が焦点 EU首脳会議、追加支援も協議

欧州連合(EU)は14~15日の首脳会議(サミット)で、ロシアによる侵攻が続くウクライナへの支援について協議する。500億ユーロの追加支援や、同国のEU加盟に向けた正式な交渉開始が承認されるかどうかが焦点となる。いずれも加盟27カ国の全会一致での支持が必要となるが、ハンガリーのみが反対している。

ロイター通信によると、ハンガリーのオルバン首相はサミットに先立ち、「ハンガリーは圧力には屈しない」と強調。ウクライナのEU加盟交渉の開始については「同国は事前条件を満たしていない」とし、条件が満たされた時点で協議するべきと述べた。

追加支援については、すでに短期的な支援を行っているため急いで決断する必要はないとした上で、「予算外でやりくりするべき」と主張した。その場合は同国も支持すると加えた。

EUは6月、ウクライナへの500億ユーロの復興支援を約束。2024~27年のEU予算から拠出する計画となっている。同国のEU加盟を巡っては、欧州委員会は11月、課題の90%超が達成されたとして、交渉の開始を認めるよう加盟国に勧告した。

今回のサミットではこのほか、イスラエル・パレスチナ情勢や、モルドバやジョージア、バルカン諸国のEU加盟問題、21~27年予算の中期見直し、安全保障・防衛、域内のユダヤ人やイスラム教徒に対する差別問題についても協議する。


関連国・地域: EUウクライナ中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

欧州議会選の結果とEU運営の行方 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第59回(06/21)

EU、露産LNGに初制裁 域内港で第三国向け積み替え禁止(06/21)

エアバス、印社とヘリ組立施設の設置先検討(06/21)

欧州委のEV調査、「前例ない」要求=中国(06/21)

欧州委、来年度予算案を発表=1997億ユーロ(06/21)

欧州新車登録台数、5月は2.6%減(06/21)

世界のエネルギー由来排出量、過去最高に(06/21)

CO2以外のEU排出報告、長距離便は除外(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン