• 印刷する

24年度予算案で合意 独政府、「債務ブレーキ」堅持

ドイツ政府は13日、連立与党3党が2024年度予算案を巡り合意に至ったと発表した。争点となっていた新たな借り入れを制限する「債務ブレーキ」について、24年度は順守する方針。予算の不足分170億ユーロは、環境に悪影響を与える補助金の打ち切りや、省庁の予算削減で対処する。

ショルツ首相は今回、ドイツのグリーン化推進と社会的結束の強化、ウクライナ支援という目標は堅持すると説明。ただし、大幅に少ない予算で達成する必要があるとしている。

予算の不足を補うための歳出削減は、補助金の削減に加え、運輸や環境、労働部門の省庁で予算を減らすことで対応する。また、憲法裁判所により資金の振り向けが違憲と判断された気候変動基金については、来年度に120億ユーロ、27年までに合わせて450億ユーロの支出を減らす計画だ。

憲法裁は今年11月、コロナ禍による非常事態を理由に債務ブレーキを停止して借り入れた資金を別の目的に充てることを違憲とし、気候変動基金に600億ユーロを振り向けた21年度の補正予算を無効とした。これを受け、政府は23年度の補正予算案を提出し、4年度連続で債務ブレーキを停止。来年度の予算についても170億ユーロ分の支出の削減または財源確保が必要となり、見直しを迫られていた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EV充電器の設置義務化へ 独、28年以降に給油所で=8千基(05/30)

独自動車部品PWO、セルビア新工場が着工(05/30)

独、CO2貯留法改正案を閣議決定(05/30)

独政府、水素加速法案を閣議決定(05/30)

独インフレ率、2.4%に加速=5月速報値(05/30)

実質賃金、第1四半期3.8%上昇=過去最高(05/30)

スペインなど3カ国、パレスチナを正式承認(05/30)

低排出ディーゼル燃料「HVO100」が発売(05/30)

フィンテックのクルーバー、1.1億ドル調達(05/30)

GfK消費者信頼感、4カ月連続改善=6月(05/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン