「ポスト・ポスト」冷戦期の象徴 ウクライナ侵攻=同志社大教授が講演

エコノミック・メディア・ブレティン(EMB)は5日、「EMBビジネスウェビナー」を開催し、同志社大学の吉田徹教授がロシアによるウクライナ侵攻について解説した。ロシアの動機が「国家アイデンティティーの維持」にあるとし、それが「国家としての(侵攻という)行動原理と…

関連国・地域: EUロシアウクライナ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ハンガリーの農薬使用、EU平均下回る(02/23)

<特別寄稿>緊迫する紅海情勢(02/23)

ユーロ圏総合PMI、過去8カ月で最高(02/23)

欧州エネルギー安保に新リスク(02/23)

国連海事トップ、迂回で拿捕懸念=紅海問題(02/23)

欧州の風力発電、老朽化への対応が急務に(02/23)

欧州人工衛星、29年ぶりに地球に帰還(02/23)

【ウイークリー統計】第158回 農地価格、EU域内で大きな格差(02/22)

欧州委、携帯2社のスペイン事業統合を承認(02/22)

ベルギー、EUエネルギー課税改正採択企図(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン