• 印刷する

英国王、COP28で演説 早急な気候変動対策呼びかけ

英国のチャールズ国王は1日、アラブ首長国連邦(UAE)で開催中の国連気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)で演説した。皇太子時代から環境問題に取り組む同国王は、気候変動対策は「予定より大幅に遅れている」と指摘し、早急に対応しなければ経済と人類の存続が脅かされると強調。COP28を「重要な転機」とするよう参加者らに呼びかけた。

同国王は2015年にフランスで開かれたCOP21で皇太子として演説したが、国王即位後のCOP出席は初めて。今回の演説では、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」がまとまったCOP21と同様、COP28を「真の転換をもたらす行動に向けた重要な転機」とするよう呼びかけた。

チャールズ国王はこれに向け、◇国際機関や各国の公共・民間部門および非政府組織(NGO)の効率的な協力◇持続可能な事業への投資資金の振り向け◇クリーンエネルギーなどの革新的技術の振興◇温暖化ガス排出の緩和・代替技術の活用◇次の100年に向けた長期的計画――の必要性を提唱した。

■スナク首相、16億ポンド拠出表明

スナク首相もこの日、COP28で演説し、世界の森林保護やエネルギー転換プロジェクトなどに16億ポンドを投じると発表した。

この中には、気候変動の影響を受ける途上国の「損失と被害」を補償する基金などに拠出する6,000万ポンドも含まれている。ロイター通信によると、森林破壊対策に5億ポンド、エネルギー転換プロジェクトに3億1,600万ポンドをそれぞれ投じる方針。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国中東
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英与野党が選挙戦開始 労働党、変化の必要性訴え(05/24)

AI翻訳ディープエル、3億ドル調達(05/24)

N・グリッド、電力網増強に600億ポンド(05/24)

移民純増数、68.5万人に減少=23年(05/24)

英シェル、独ケルンの複合石化施設を改修か(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

アングロ、3度目の買収案拒否=協議は継続(05/24)

アイスペース、月面越夜へ英大学と協力(05/24)

暗号資産の投資商品、LSEで初上場へ(05/24)

生産者物価、4月は1.1%上昇(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン