• 印刷する

グリーン技術に550億ユーロ RWE、設備容量65ギガワットに

ドイツのエネルギー大手RWEは28日、2024~30年に再生可能エネルギーやグリーン技術に550億ユーロを投資すると発表した。30年までにグリーンエネルギーの総設備容量を現在の35ギガワットから65ギガワット以上に引き上げる。

550億ユーロのうち40%は陸上風力発電および太陽光発電、35%は洋上風力発電に投じる。残り25%は、蓄電システムや分散型電源、水素などのグリーン技術に振り向ける。地域別では半分以上を欧州でのプロジェクトに使う計画で、うち110億ユーロは足元のドイツでの投資を予定する。米国には200億ユーロを投じる方針だ。

一連の投資により、陸上風力発電の設備容量は現在の8.6ギガワットから向こう7年で14ギガワットに増える見通し。洋上風力発電は3.3ギガワットから10ギガワット、太陽光発電は3.9ギガワットから16ギガワットにそれぞれ拡大するとしている。

RWEはさらに、EBITDA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)は30年に90億ユーロ超に拡大するほか、純利益も年平均で12%伸びると予想。また、同年までに毎年5~10%の増配を予定する。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

電力エーオン、充電網構築 商用車MANと=電動トラック用(07/12)

半導体メレキシス、マレーシアに検査施設(07/12)

独政府、5G通信網から中国製品排除で合意(07/12)

NATO、ウクライナに400億ユーロ支援(07/12)

リントナー財務相、所得税の減税草案を提出(07/12)

岸田首相、ショルツ氏と12日に首脳会談(07/12)

マスダール、北海の風力発電で開発許可申請(07/12)

VW、ポツダムの技術開発拠点閉鎖へ(07/12)

豊田通商、ドイツでグリーン水素合弁設立(07/12)

アルストム、独で列車受注=最大28億ユーロ(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン