• 印刷する

独伊、エネルギー協力強化で合意=首脳会談

ドイツのショルツ首相は22日、イタリアのメローニ首相との間で、両国がエネルギー分野などで協力関係を強化することで合意した。ロシアによるウクライナ侵攻を契機に、エネルギーの供給確保が一段と重要になっており、両首相は2国間を結ぶガスと水素の輸送パイプラインの建設などに連携して取り組んでいく方針だ。

ショルツ首相は共同記者会見で、「長期的な供給安全保障を強化するため、エネルギー分野での協力を拡大したい」と強調。その上で、「アルプスを横断する新しいパイプラインで、両国の供給体制の安全性を高めたい」と述べた。

両国は、新たなパイプライン計画について調整を進めており、遂行に向け「早期に協定を締結したい」(ショルツ氏)考えだ。

今回の合意では、同計画のほか、環境対応や安全保障、不法移民への取り組みなどの分野で緊密に協力する方針を決めた。


関連国・地域: ドイツEUイタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】5月28~31日(05/28)

G7、露凍結資産の活用に意欲=財相会合(05/28)

ルーマニア国鉄、路線近代化に16億ドル(05/28)

EU理事会、供給網デューデリ指令を採択(05/28)

極東―北欧間の海運コスト、3倍超に拡大(05/28)

欧州の心臓病死亡者、大気汚染対策で急減(05/28)

欧州自動車大手、中国対抗には「時間必要」(05/24)

EU、露産ガスから完全脱却可能=独研究所(05/24)

緑の党、欧州議会選で苦戦必至=政策に影響(05/24)

ユーロ圏PMI、5月は上昇 過去1年で最高=速報値(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン